最近知ったフランス語表現

公開 更新) 自然言語

ブログのネタがなさすぎて自然消滅しそう(現に先月、ドメイン更新忘れてあわや大惨事だった)なので、何か書きたいと思います。

最近またフランス語にハマってるので、最近知った表現をまとめます。

分類は全部familierなので、友達や親しい人との間で使える表現となります。

péter les plombs

意味は「キレる」です。

péterは放屁する、plombsはヒューズ・鉛といった意味がありますが、単語だけで意味を切り取ると全く意味がわかりませんでした。

Sexion d’Assaultの「Ma direction」という歌がありますが、その歌詞の一節(j’ai pété les plombs, j’ai quité l’école)を読んで知りました。

音楽で知ったフランス語は、音が耳に残るので覚えやすいです。

Ça fait un bail

意味は「久しぶりに」。

Cette expression populaire signifie que cela fait longtemps que deux personnes ne se sont pas vues.

Le bail en question fait référence aux baux de fermage.

BMF IMMOより)

進撃の巨人シーズン3で、エレンが指導教官に会いに行くときにハンジさんが「私たちも彼に会うのは久しぶりだ」というふうに説明しているシーン見て知りました。

(Netflixでは進撃の巨人のシーズン3だけ仏語字幕・仏語音声の両方が備わっているので、それを使っています)

スラングだと「bail」という単語は結構よく聞きますよね。

話は脱線しますが、フランス語で進撃の巨人を見たことでミリタリー系の用語に強くなった気がします。

Ça en jette

これは日本語でググってもよく分からなかった。

一応ここのWordReference Forumや、アプリのプチロワによると「洒落ている」「かっこいい」という意味だとのこと。

同じくプチロワによると、jeterには「投げる」の他に「衣服や布をさっと着る、羽織る」という意味もあるので、そちらと関係しているのかもしれません。

s’en faire(=心配する)とか、enを使った表現はなんのことか検討がつかないことが多く、こういう場合は覚えるしかないのだろうか。

何かいい「en」についての本や資料を知っている方がいたら教えていただきたいです。

まとめ

ブログのネタがなさすぎて今月の更新はおろかドメインの更新まで忘れるという失態をやらかしてしまいましたが、とりあえず今月はフランス語の表現を思いついたように並べてみました。

こんな表現ググる人がいるのか謎ですが、フランス語学習のお役に立てれば幸いです。